Oracleデータベースのバックアップ


Iperius Backupは、極めて使いやすく、高い信頼性、低いリソース消費、市場で最も低い価格という特徴をもつ、Oracleデータベースのバックアップには最適なソフトウェアです。 Oracle 9i、10g、および11gをWindowsオペレーティング・システムから簡単にバックアップすることができます。またIperiusは、無料のデータベースOracle Express Edition(Oracle XE)を圧縮/暗号化して、クラウドおよびテープにバックアップすることもできます。

Iperius Backupをダウンロードして試すには、ここをクリックしてください »


Oracleデータベースをクラウド、テープ、FTP、NASへバックアップ

OracleのバックアッププログラムとしてIperius Backupを選択する利点として、多くのオプションと多くのバックアップ方法があることが挙げられます。 Iperiusは、全て自動で、OracleのバックアップをリモートFTPサーバー、Googleドライブ、Amazon S3、Azureストレージ、Dropbox、もしくはOneDrive(クラウドバックアップ)に転送することができます。データ保護における最大限のセキュリティを得るために、Iperiusは軍事レベルと称されるAES 256ビット暗号化を使用してバックアップファイルを暗号化することが可能です。

Oracleホットバックアップ(オンラインバックアップ)

Iperius Backupは、Oracleのホットバックアップ(オンラインバックアップ)を行うことがきます。データベースがオープン中でも、サービスを中断する必要はありません(ARCHIVELOGモード)。すべてのユーザーが作業を継続しつつ、、Iperius はデータファイル、アーカイブ、およびデータベースの復元に必要なすべての情報を自動でバックアップします。

最も手ごろな価格でOracleをバックアップ

Iperiusは、1つのプログラムで多数のバックアップ・オプションを持ち、ローカルおよびネットワーク内のサーバーとデータベースを無制限に保護できる、Oracleバックアップに最も適したソフトウェアです。1つのバックアッププログラムには、基本的なRMANバックアップからVSSバックアップ(スナップショット)まで、Oracleデータベースを保護するためのいくつかもの機能が備わっています。

ネイティブおよびZIP圧縮、AES暗号化

Iperius Backupは、圧縮形式のバックアップファイルをディスクに直接作成する統合ネイティブ圧縮、複数の宛先(NAS、クラウド、FTP、テープなど)へのZIP圧縮により、Oracleデータベースのバックアップの最適化を図ることができます。 AES 256ビットのデータ暗号化を含むこともできます。

バックアップ検証、メール通知、Webコンソール

Iperiusは単なるデータベースバックアップ用ソフトウェアではありません。具体的には、ファイルの整合性の確認、バックアップ結果をメール通知する機能、Webパネルでのすべてのレポートの一元管理など、バックアップの実行と管理を最適化するための支援機能がいくつも含まれています。


主な機能

  • Oracleデータベース 9i、10g、11gのバックアップ
  • Oracle XE(Express Edition)のバックアップ
  • 無制限のサーバーとデータベースをバックアップ
  • ローカルサーバーとネットワーク内のサーバーのバックアップ
  • 日時指定による自動バックアップ
  • データベースバックアップの検証
  • 複数のバックアップ先: クラウド、テープ、NAS、FTP
  • すべてのデータベースもしくは個別のデータベースの自動バックアップ
  • ネイティブ圧縮
  • カスタムバックアップファイル名
  • データ保持ポリシー:いくつかのバックアップコピーを保持することが可能
  • 高度な自動Rmanバックアップ


Iperius Backupをダウンロードして試すには、ここをクリックしてください »